産業医科大学で人工乳首と人工乳房の説明会を実施しました。

北九州市の産業医科大学で人工乳首人工乳房の説明会を実施しました。2017年9月12日(火曜日)

ここでは「乳房再建手術をされた患者様向け人工乳首」についてご説明します。

1、オーダーメイドと同じ手作業の外部塗色仕上げ

人工乳首(人工ニップル)の既製品は一般的には、内部塗色のみで仕上げているものが多いです。

※内部塗色とは、シリコーン自体にお色をつけたもの

ナチュラルブレストが今夏、新発売した人工乳首は、内部塗色した人工乳首にさらに人の手作業で外部から仕上げ塗色をしていることが大きな特徴です。

そのことによりフルオーダーメイドと同等の自然さを持っています。

2、450種類の既製品

既製品で450種類という規格外の種類を揃えました。

①お色目は15色をご用意しました。

ブラウン・ダークブラウン・ピンク・ライトピンク・オークルが基本色。

それぞれに濃・中間・淡の3つのお色を設定しております。

※ライトピンク:70代などのお歳を召したお客様はお色が薄くなって淡いピンク色の方が多いです。そのようなお客様のためにご用意しました。

②乳輪のサイズは3サイズございます。

③乳頭の形状は5サイズ。小・中・大・傾斜・陥没という形をご用意しました。

※傾斜:ブラジャーに抑えられてこのような形状のお客様が多数いらっしゃいますのでご用意しました。

④装着方法

既存の装着剤でお胸に貼る方法以外にナチュラルブレスト独自の「シリコーン粘着剤ゲルフィット」を使った装着方法をご用意しました。

ゲルフィットタイプは、簡単に着脱ができますのでとても便利です。

お胸の上の方に人工乳首を貼り付けました。ナチュラルブレストの人工乳首

お胸の上の方に人工乳首を貼り付けました。ナチュラルブレストの人工乳首

2017年9月から10月末まで、人工乳首新発売を記念して「もう1個プレゼントキャンペーン」を実施中!

PAGE TOP