お電話の受付時間は年中無休受付9:00~19:00まで0120-66-1167
フィッティングサロンの予約ホームページでネット注文ご自宅へのサンプル取寄せご自宅への訪問依頼

人工乳房の装着と取り外し説明

人工乳房「ナチュラルブレスト」の装着方法と取り外し方法を2つの装着方法ごとにご説明します。

ゲルフィットでの装着と取り外し
希望の位置を確認するイラスト

1、希望の位置を確認する。

「人工乳房」の高さ、左右の位置を確かめ、少し回転させてみるなどして、お客様の希望の状態になるように位置決めしてください。
人工乳房を胸に装着するイラスト

2、お客様の胸に装着する。

健常なお胸に人工乳房の乳首の高さを合わせてください。そして人工乳房の下から順に人工乳房を胸に押し当ててください。
人工乳房の裏側にあるゲルフィットがお客様の胸にしっかりと粘着します。
人工乳房の貼り直し、または取り外すイラスト

3、人工乳房を貼りなおす。または取り外す。

人工乳房を装着したものの位置が気にいらなかった場合、簡単に取り外し再取り付けができます。人工乳房を取り外す際は、端部を指でつまんで優しく外してください。
そして再度希望の位置に押し付けて装着しましょう。
※シリコーン100%のデリケートな製品ですので優しく取扱をお願いします。
<ワンポイントアドバイス>
ブラジャー内に入れる場合とブラジャー無しの場合
粘着剤を長持ちさせる方法
ブラジャー無しで人工乳房を使用するイラスト
粘着剤の粘着力が弱まる第一の原因はお肌の角質が
シリコーン粘着剤の中に入りこんで取れなくなることです。
シリコーン系の皮膚保護粘着剤(別売)をご用意しています。
お肌に皮膚保護被膜剤を塗ってから人工乳房を装着するとお肌の角質がシリコーン粘着剤の中に入りこむことを防ぎます。
人工乳房がお肌につく部分に予め皮膚保護被膜剤を塗ってください。
装着剤での装着ととりはずし液での取り外し
温泉やプールなど水の中に入る時やスポーツをする場合には、装着剤を利用します。

装着剤をつけるイラスト

1、装着剤をつける。

人工乳房の周囲に装着剤を塗布します。
目安としては幅2~3㎝です。
コツはシリコーン装着剤を塗る切れ目がないように周囲にまんべんなく塗ることです。 塗ってない場所があるとそこから水が入り人工乳房が脱落する原因となることがあります。
人工乳房の内側は空洞になっています。
空洞部分に装着剤をつけても意味がありません。
人工乳房を胸に装着するイラスト

2、人工乳房を胸に装着する。

装着剤の場合には、貼り直しがききません。
しっかり位置決めをして胸に押し当てて接着させてください。

健常なお胸に人工乳房の乳首の高さを合わせてください。そして人工乳房の下から順に人工乳房を胸に押し当ててください。
人工乳房の裏側にあるゲルフィットがお客様の胸にしっかりと粘着します。
人工乳房の取り外しイラスト

3、人工乳房の取り外し。

装着剤を使用している場合には、とりはずし液を使用して取り外します。
とりはずし液を人工乳房の端部の裏側にやさしく当てて、はがしていきましょう。
ゆっくりと取り外すイラスト

4、ゆっくりと取り外す。

ゆっくりとだんだん広範囲にとりはずし液を使用し人工乳房を体から、はがしていきます。
人工乳房を体から取り外すイラスト

5、人工乳房を体から取り外す。

最後までとりはずし液で優しくはがしていってください。
2個使いをお勧めします。

普段使いと温泉・スポーツ用との2個使いをお勧めします。

人工乳房の裏側に装着剤を使用した場合、その部分のゲルフィットがとりはずし液ではがれていきますので粘着しなくなっていきます。

普段使いのものはゲルフィットのみで体に装着して使用。

温泉に入るときやスポーツをする際には、常に人工乳房用装着剤を使用して使うといった使い方を推奨します。
このページのトップへ