お電話の受付時間は平日9:00〜18:00まで092-292-3883
フィッティングサロンの予約ご自宅への訪問依頼ご自宅へのサンプル取寄せホームページでネット注文

新着情報

乳房再建は、乳がんの手術後or乳がんで乳房摘出と同時が良い?
2015,08,03

2013年度に保険が一部適用になってから胸にシリコンを入れる乳房再建を受ける人が多くなっているそうです。

そのため、乳房温存手術と呼ばれる乳房一部切除の手術が減少し、全摘出を選択される患者様が増加しているそうです。

保健適用になる前は、乳房を全摘出された患者様の中で、乳房再建を選択される患者様は12%程度だったそうですが、20〜30%くらいまで増加しているかもしれませんね。



ところで、シリコンを胸に挿入するこの乳房再建。

最近は、乳房摘出手術と同時にエキスパンダーを挿入する手術・・つまり乳房の全摘出と同時に乳房再建手術に踏み切る例が多いようです。

確かにこれだと、一度乳房の全摘出をしたのち落ち着いてから再度手術をするというこれまでの方法より手術の回数が1回少なくなって体とこころの負担が少なくなりそうですね。



ただ、乳房の全摘出をした際に同時に乳房再建手術をされた患者様は、術後の自分の体をみてショックを感じることが多いようです。

つまり、自分の今までの体から、乳房再建途中の体になる状態を見るので、「こんなんじゃなかった」という気持ちになりがちということです。



それに比べて、乳がんの手術をした後に乳房再建の手術をした患者様は、あまり違和感を感じない場合が多いようです。

というのは、手術で乳房が摘出された後の状態の自分の体を見ているので、そこから乳房再建手術をするので「これまでの乳房がまったくない状態から乳房ができつつある」という気持ちになる場合が多いようです。


人間の気持ちってそんなものかもしれません。

お医者様が手術前の丁寧な説明が必要なことがらかと感じれれます。


どちらにもメリット、デメリットがあると思われますので、十分に説明をお聞きしお客様が判断していくことが大切だと感じられます。


ナチュラルブレスト株式会社では、乳房再建ではない「簡単に胸に粘着させる人工乳房」を販売しております。

乳房再建まではちょっと・・とためらわれていた元患者様からも大変喜ばれております。

また乳房再建手術をしたくても適応がない方にもおすすめです。



ワンプライス158000円(税別)の接着剤を使わないリアル人工乳房は、ナチュラルブレスト株式会社のホームページをご覧ください。
フィッティングサロンの予約はコチラ
新着情報一覧
このページのトップへ