BLOG

日頃の活動状況などをお知らせします。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ナチュラルブレスト本部
  4. 【Yahoo!ニュースで紹介】乳がん患者の希望に!福岡発の人工乳房 ”手術なし”で胸を再び
TNCニュース

【Yahoo!ニュースで紹介】乳がん患者の希望に!福岡発の人工乳房 ”手術なし”で胸を再び

Yahoo!ニュースにナチュラルブレストの人工乳房が取り上げられました。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00000007-tncv-l40

・・・ 以下Yahoo!ニュースより引用 ・・・

2019年9月、上皇后・美智子さまが乳がんの手術を受けられた直後に、驚きのニュースが報じられました。

乳がんの手術のあと、胸を再建するために体に入れるシリコンにいわゆる「血液のがん」を発症するリスクがあり、再建の中断を余儀なくされている人がいるという学会の調査結果が発表されたのです。

この報道に不安を抱えた北九州市の女性と、乳房再建の現状を取材しました。

【乳がんの手術をした会社員の女性(40代)】
「それまで何回か(検査で)ひっかかっていたんですけど、毎回大丈夫大丈夫だったんで、今回もそうだろうと軽い気持ちで行ったら、そうじゃないって言われてびっくり・・・ショックですよね」

乳がんと診断された時の衝撃をこう振り返るのは、北九州市内に住む40代の会社員の女性です。

2018年の秋に職場の健康診断を受けた際に乳がんが見つかり、2019年5月に右胸を全て摘出しました。

日本人女性の11人に1人がかかると言われている乳がん。

再発のリスクを減らすため、乳房を全て取り除く全摘手術と合わせて、いま一般的になっているのが、手術で失った胸を作る「再建手術」です。

しかしこの夏、乳房の再建に使われてきた製品に、ある問題が発覚しました。

「インプラントの販売を停止するとともに、これらの未使用品を世界市場から回収することを決定いたしました」

体内に埋め込んで胸の形を作るシリコン製のインプラントについて、FDA・アメリカ食品医薬品局が、この製品の使用者に特殊な「リンパ腫」いわゆる「血液のがん」が約3300人に一人発症していると発表。

製造会社は自主回収を決めたのです。

こうした問題などを受け、右胸の全摘手術を受けた北九州市の女性は再建をやめました。

【乳がんの手術をした会社員の女性(40代)】
「痛い思い怖い思いして、辛い思いして悪いものを取って、生活がいいようにしようと思って入れたシリコンが発がん性があるなんて、何のためにつらい思いして取ったんだって」

「知らなかったら今頃入れる準備を皮膚を伸ばしたりしていたかもしれない」

回収となったインプラントは日本国内で唯一保険適応だったことから、実に3000人もの患者が再建の準備を中断したとの調査結果もあります。

インプラントの使用者が「血液のがん」のリスクに不安を抱えるなか、乳房の再建に30年以上携わってきた矢永医師は、定期的な検査の必要性を訴えます。

【矢永クリニック 矢永博子 院長】
「アメリカのFDAも、バッグ(インプラント)自体は今あるものを取ったり入れ替えたりする必要はないと」

「じゃあどういう風に診断するかというと、やっぱり一番いいのは画像診断(エコー)なので」

「1期(ステージ1)のときであれば、外側の皮膜とバッグを取ってしまえば外科的に治癒できるんです」

では、乳房を摘出してしまい胸の見た目に悩みを抱える女性のためには、どのような解決方法があるのか。

その一つがここ福岡にありました。

【記者】
「こちらの人工乳房、触るとしっとりしていて、とても柔らかいのが特徴です。のりもつけずに手に乗せると・・・ぴたっとくっついて落ちないんです」

肌の上から直接貼り付ける「人工乳房」です。

何層にも重ねたシリコンでできていて、触れた感覚はとても柔らか。

本物そっくりです。

福岡市にあるこの会社では、その人の体形にあった人工の乳房をオーダーメードで作ることができ、あのインプラントの問題が発表されて以降、注文が増加しています。

【ナチュラルブレスト 本田幸恵 代表】
「いま全体の40%がですね、そういう(自主回収を受けての)問い合わせですね」

「通常だったら(納期は)セミオーダーで1ヵ月、フルオーダーだと2ヵ月とかですけど、もう少しかかると思います」

全ての工程が職人による手作業。

多くても一日に4つほどしか作れません。

好きな服が着たい。

北九州市の女性も乳房を失う前の生活と同じように、日々のおしゃれを楽しみ明るく前向きに生きたいとこの会社を頼りました。

【乳がんの手術をした会社員の女性(40代)】
「胸があるときは考えたこともなかったのが、考えながら(服を)買わなきゃいけなくなるっていのがつらかったので」

「それ(胸のこと)を考えずにまた買うことができる」

その思いを受け、この日は職人が3時間かけて丁寧に色を重ねます。

そして自分の肌とシリコンの境がわからない、自分だけの胸ができあがりました。

【乳がんの手術をした会社員の女性(40代)】
「胸元がきちきちじゃない洋服を着れたら、着て友達に見てもらって「全然わからんやろ」って言ってみたい」

【ナチュラルブレスト 本田幸恵 代表】
「痛くもかゆくもなく前の、昔の生活が取り戻せるということで、こういうのもあるんだということを知ってもらえたらと思います」

テレビ西日本

関連記事